商品数が豊富な個人輸入

海外医薬品の種類

EDや早漏を治療できる男性向けの薬から、女性が自らの意思ではじめられる避妊薬といった女性向けの薬など、個人輸入はさまざまなライフデザインドラッグの販売が行われています。
ED治療薬といえば、バイアグラ・レビトラ・シアリスのED界の御三家が有名ですが、個人輸入ではその他にもED治療に用いられる薬があります。

●メシル酸フェントラミン
●ミューズ

メシル酸フェントラミンは、ED治療薬同様に血流を良くすることで性的に興奮したり刺激を受けることでEDを改善することができます。
また、ミューズはこれらのED治療薬とは使い方が異なります。

亀頭の開口部を開き、アプリケーターを尿道に挿入

ペニスに直接薬剤を注入することで、EDを改善することができます。
なんだか男性からすると背筋がゾッとするような使用方法ですが、痛みはほとんどなく、不快感も少ないと言われています。
大きなメリットとして、ミューズは非常に即効性が高いです。
使用から5~10分程度で効き目が発揮され、ED治療薬最速と言われるレビトラをも凌駕する素早い効き目を期待できます。
また、副作用の報告がほとんどないことから安全な使用にも優れています。

ただ、唯一のデメリットが効き目の持続時間です。
ED治療薬でもっと持続時間が短いのがバイアグラで、最大で6時間ほどと言われています。
しかし、ミューズは最大で1時間の持続時間しかありません。
からだの中に薬が長く留まらないと考えれば利点ですが、少しでも長くパートナーと楽しみたい男性にはデメリットになってしまいます。

一方、女性の薬にもED治療薬ならぬ不感症改善薬の販売なども行われています。
"ラブグラ"という商品で、女性用バイアグラなんて呼ばれることもあり、中身の成分はバイアグラと同じシルデナフィルになります。
不感症の原因はいくつかありますが、共通して言えるのは性器への血流が悪いことです。
男性と同じように、女性のからだの血行を良くすることで不感症を改善することが可能と考えられています。
実際に臨床試験などが行われた結果、やはり「オーガズムに達しやすくなった」や「感度がUPした」との報告もあります。

男性も女性も性的なトラブルを恥ずかしいと感じてしまうことがあると思います。
セックスライフを充実させてくれる医薬品がさまざま個人輸入では取扱があるので、こっそりと治療したい方にオススメです。